病院の課題解決に役立つ「取り組み事例」と「医療関連企業」が見つかる情報サイト

医療手帖 WEB展示会

キープリスト
17 件
まとめて資料請求

院内型SPDを採用の取り組み (中東遠総合医療センター・500床以上)

WEB展示会TOP > 事例を探す > 院内型SPDを採用の取り組み

医療機関名 中東遠総合医療センター
経営主体 国公立病院
病床規模 500床以上
所属部門 その他
投稿者 田邊 保博(管理課施設物品係主査)
公開日 2014-01-24
背景
 院内型SPDを採用した経緯だが、統合前の旧病院においては、袋井市民病院は院外型SPDを、掛川市立総合病院は院内型SPDを採用しており、統合の際には新病院のSPD形態についてどちらを採用するか、選定が非常に難航した。
 そこで、中央管理化の流れがある事や、DPCによる包括評価制度を採用している病院の増加に伴い、患者の原価把握・請求漏れの改善・在庫削減が重要視されている事を鑑み、医事整合や患者の管理分析データの蓄積が可能という理由から、新病院では院内型のSPDを採用した。
取り組みの内容
当院のSPDの特徴
(1)定数外品含む全品をラベル管理し、全て消費管理している。
(2)SPDマスタは外注のため、メンテナンスフリー。
(3)SPDマスタと医事マスタは自動接続されている。
(4)センター在庫品と部署直送品があり、定数漏れすると設定された数量で自動発注。
(5)定数設定を順次見直している。
(6)定数入数は2種類のみで、決定権はSPDセンターにある。
(7)ラベル台帳は回収。
(8)持ち込み使用材料は、患者番号をデータ入力している。
(9)医事請求前に医事整合を行い、修正した上でレセプト提出をしている。
(10)月次資料の作成。
取り組み後の状況
 商品マスタの運用については、旧袋井市民病院における院外SPDで運用していた際には、手入力で納品管理をしていたので、新規の商品があると入力が煩雑になったり、同じ商品でも業者によって違う名称になっていたり、償還改定時における償還価の変更が非常に煩雑であったりと、様々な運用上の問題が生じていた。そこで、新病院になってSAVE-HPを導入し、MRPポータルサイト「医療手帖」よりデータをダウンロード後システムに流し込むという運用を図るようになってから、手入力の省略等、情報管理にかかる手間が大幅に減少した。

 価格交渉については年度での価格交渉を行っている。価格の基準についてはMRPのベンチマークシステムの平均値をベースに、単品ごとに希望価を提示し交渉を行っている。償還改訂公示前から現時点の市場価格での交渉をし、公示後に再交渉を行う流れを採用している。上層部及び経営層に目標金額を提示し実施している。

こんな事例もあります

テーマと関連する企業・商品

株式会社システムリサーチ
病院情報システム保守費用適正化コンサルティングサービスなど、医療機関のコスト削減...

所在地:〒107-0062 東京都港区南青山6-2-9 KSビル10F
TEL:03-6418-2670

提供サービス
  • 病院情報システム保守費用適正化コンサルティングサービス

ニッセイ情報テクノロジー株式会社
業界トップクラスのシェアを誇る、DPC分析システム「MEDI-ARROWS」、D...

所在地:〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア10F
TEL:03-5714-2320

提供サービス
  • DPC業務運用支援システム「MEDI-DPCコードファインダー」
  • 電子レセプト分析「EMITAS-H」
  • DPC分析システム「MEDI-ARROWS」



<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9