病院の課題解決に役立つ「取り組み事例」と「医療関連企業」が見つかる情報サイト

医療手帖 WEB展示会

キープリスト
16 件
まとめて資料請求

「SPD在り方見直し事業」における価格交渉の取り組み (千葉医療センター・300-500床未満)

WEB展示会TOP > 事例を探す > 「SPD在り方見直し事業」における価格交渉の取り組み

医療機関名 千葉医療センター
経営主体 独立行政法人 国立病院機構
病床規模 300-500床未満
所属部門 経営企画
投稿者 千葉医療センター
公開日 2018-06-07
背景
病院概要
■ 病 床 数 : 455床(一般410床、精神45床)
■ 診療科目 : 28診療科
平成28年度医療材料費
◆ 医療材料費購入実績 :約9億1千万円(うち、SPD 約7億6千万円)
◆医療材料における診療科シェア(全体の約54%が4診療科で占める)※金額ベース
 整形外科:約18%、外科:約20%、消化器内科:約8%、眼科:約7%
SPD業務委託(院内倉庫、預託方式)
◆契約期間 平成28年4月から平成31年3月
◆委託内容
 1.医療用消耗品等の購買代行業務(価格交渉)
 2.物流管理(発注、納品、納期、搬送等の管理)
 3.在庫管理(預託品、定数外品、品質維持の管理)
 4.術式別セット品供給、術前ピッキング作業
 5.消費管理(保険請求データ照合等) ほか
※SPD業者は、納入業者でもあり。院内シェア約60%。
取り組みの内容
第1回・第2回見直し事業打ち合わせ
病院幹部(院長、副院長、事務部長、手術部長等)に対し、SPD事業の考え方と趣旨を説明。
また、MRPベンチマークシステムにおける当院の立ち位置を確認したところ
C判定(平均より高い)・D判定(最も高い)が多いことが判明。
⇒C判定・D判定の上位20品目についてB判定(平均価格)以下への価格見直しを要請し、交渉結果、
3か月の実績数量で約200万円下がった。ただし、平均価格に達成したのは3品目のみ。
ゼロ回答(価格変更なし)も2品目あり。


第3回・第4回見直し事業打ち合わせ
SPD業者ヒアリング・委託仕様書のすり合わせ。
【価格交渉の方針】
◆病院から目標価格(ベンチ平均価格)を提示。
◆価格交渉開始にあたり、病院幹部等による「業者説明会」開催を決定。  

第5回・第6回見直し事業打ち合わせ
納入実績シェア上位業者に対し、院長・事務部長出席のもと説明会を開催。
その後、交渉結果データが提出されたが、C判定・D判定のシェアは約65%で、
数%しか削減されていなかったため、個別にヒアリングを行い、
今後どのような対応をするかについて回答を求めた。

【SPD業者とのヒアリング】
◆病院希望価格に達していない品目について、SPD業者には価格交渉の中間報告を義務付け。
◆今後はメーカーの上級マネージャーとの交渉に変更し、交渉にはSPD統括マネージャーの同席を確約。
 (担当者のみの責任で終わらせないようにする)
病院希望価格は、ベンチマークにおける最安値ではなく平均価格であることなどを改めて説明。

第7回・第8回見直し事業打ち合わせ
達成率の低い業者とのヒアリングを実施。
◆購入数が他病院より少ない
 ⇒ベンチマーク上では当院の使用量は平均より多いことを伝える
◆メーカー側は、症例が以前より減っている、価格を下げ続けてきたため難しいと言っている
 ⇒協力が得られないメーカー名を文書で提出するように指示し、
  国立病院機構本部でメーカーから直接話を聞くと伝える。
  結果、再度、メーカーと交渉することになる。
◆メーカーが、ベンチマークで下げるのは限界、改定前なので難しいと言っている
 ⇒価格が平均以上のため交渉していることと、業者、メーカーの対応が遅いから継続しているだけであると
  いうことを伝える。
取り組み後の状況
価格交渉結果
S判定(最も安い)、A判定(平均より安い)、B判定(平均的)の割合が約33%から約65%に改善し、
他病院に同等のレベルとなった。


価格交渉を行う上での留意点
◆直接交渉の場に院長や事務部長なども同席してもらうことで病院としての本気度、熱意を理解してもらう。
 特にメーカー等との直接交渉が必要となる場合は、経営的判断ができる方の協力を求める。
◆目標金額の設定はベンチマーク上のB判定(平均的)以下にする設定とし、設定理由を明確に説明する。
◆回答期日を決めて交渉する。
◆もう下げれない等、納品できない理由を言われている場合は、
 場合によって書面で根拠を示してもらい対応する。
◆契約担当者が日常的にベンチマークシステムを使用し、価格をチェックすること。
◆SPD業者に病院の立ち位置や購買代行の趣旨を理解してもらい、交渉状況の進捗を確認する。  等

※各病院のシェア状況や立ち位置によって見直しする交渉手段は変わる。
ホームページリンク
独立行政法人 国立病院機構 千葉医療センター

こんな事例もあります

テーマと関連する企業・商品

株式会社エム・アール・ピー(MRP)
医療経営の合理化に向けて、SPDシステムを基幹にした、総合ソリューションを提供

所在地:大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル15階
TEL:06-6398-0561

提供サービス
  • MRPベンチマークシステム(医療材料・医薬品システム)
  • 信頼の医療材料マスタ「MRP商品マスタ提供システム」
  • MRPベンチマークシステム(機器・備品システム)

ニッセイ情報テクノロジー株式会社
業界トップクラスのシェアを誇る、DPC分析システム「MEDI-ARROWS」、D...

所在地:〒144-8721 東京都大田区蒲田5-37-1 ニッセイアロマスクエア10F
TEL:03-5714-2320

提供サービス
  • DPC業務運用支援システム「MEDI-DPCコードファインダー」
  • 電子レセプト分析「EMITAS-H」
  • DPC分析システム「MEDI-ARROWS」



<< 前のページ 1 2 3 4 5 6 7 8 9